愛知県民のみなさまへ 愛知県民のみなさまへ
矢印 愛知県民のみなさまへ
矢印 福祉・介護サービス情報調査センター
矢印 愛知ぱあとなあセンター
矢印 生活支援相談ほっとセンター
社会福祉専門職や関係者の皆様へ
矢印 研修会、講演会、催事のご案内
矢印 基礎研修
会員の皆様へ
矢印 委員会からのお知らせ
矢印 支部活動のお知らせ
社会福祉会の入会案内について
矢印 正会員入会案内
矢印 入会手続き
社会福祉を目指す皆様へ
矢印 社会福祉士を目指すみなさまへ
矢印 社会福祉士になるみちすじ
愛知県社会福祉士会の概要
矢印 愛知県社会福祉士会の概要
矢印 活動の概要
矢印 倫理網領
事務局だより
矢印 事務連絡
矢印 事務手続き
矢印 会長の小部屋
矢印 事務局アクセス
リンク集
社会福祉専門職や関係者の皆様へ
一般社団法人愛知県社会福祉士会は、福祉や介護で活躍されている専門職の方々や関係領域の専門職の方々に情報などを提供するために、研修会をはじめ、情報提供を行っています。
研修会、講習会、催事のご案内
ボックス矢印 福祉関係者のための成年後見活用講座のご案内
 
「成年後見制度」の利用の促進をこれからどのように推進し、活用して行くのか。「支援者」として「権利擁護」について「意思決定支援」についてどう考えるか。一緒に考えませんか?主任介護支援専門員更新研修受講要件“職能団体等の法定外研修等”の修了証を発行します。

<日時>
2018年7月22日(日)13:30〜16:30(受付開始13:00)
<場所>
伏見ライフプラザ 鯱城ホール
(名古屋市中区栄1-23-13)地下鉄東山線「伏見」駅6番出口から徒歩5分
<内容>
*第一部
成年後見制度の基礎知識〜福祉関係者に最低限知っておいてほしい成年後見制度の基礎〜
講師:松隈知栄子氏 弁護士
*第二部
誰のための成年後見制度か〜成年後見を利用される方にとってメリットのある制度としていくために〜
講師:池田惠利子氏 社会福祉士
*第三部
鼎談(ていだん)
<参加費>
会員1,500円(ぱあとなあ登録者1,000円)、一般2,000円(学生1,000円)

詳細はこちら→開催案内・申込書(PDF)
   
ボックス矢印 2018年度 第1回(第47回)
ピアスーパービジョンによる事例検討会のご案内
 
「いま悩んでいる事例」あるいは「支援を振り返りたい事例」について、様々な分野の社会福祉士で、具体的かつ前向きに検討する勉強会です。

<日時>
2018年7月22日(日)13:30〜16:30
<会場>
イーブルなごや 中会議室
<事例提供者>
知多地域の居宅介護支援事業所ケアマネジャー
<事例テーマ>
「徐々に家事が難しくなっている認知症の妻と、どうしても妻の認知症を認めたくない夫。夫の葛藤と、これから」
<助言者>
木全和己氏(当会会員、日本福祉大学教授)
<定員>
20名(定員になり次第、締め切ります)
<参加費>
1,000円(非会員の社会福祉士は2,000円)
<申込方法>
本会事務局まで、FAX・郵送・メールのいずれかでお申し込み下さい。
お名前・会員番号・連絡先(日中の連絡先、メールアドレス等)・所属をご記入下さい。
メールの場合は、件名を「ピアスーパービジョン事例検討会の参加申し込み」としてください。

★なお、今年度第2回は、11月25日(日)に障害分野、第3回は、2019年2月24日(日)に児童分野の事例での開催を予定していますが、分野については、変更の可能性があります。障害・児童以外の分野の方からの事例提供も歓迎します。
   
ボックス矢印 高齢者問題・専門職ネットワーク勉強会のご案内
 
身元保証については、近時、相次いで研究報告等が発表されるなど、各所で検討が進められています。今回は、身元保証に関する病院等の実情をご紹介頂くとともに、現時点での理論的な検討状況などを山根様と熊田様からお話し頂く予定です。簡単に対応方法が見つかる問題ではありませんが、今後の議論・検討の契機になればと考えています。会員はどなたでも無料で参加いただけます。申し込み不要です。

<日時>
2018年7月28日(土)13:00〜15:00
<テーマ・発表者>
「身元保証を取り巻く現状と課題(仮題)」
愛知県医療ソーシャルワーカー協会 山根 唯様(名古屋セントラル病院)
愛知県弁護士会 熊田 均様
<場所>
愛知県司法書士会館
名古屋市熱田区新尾頭1-12-3(金山総合駅南口徒歩5分)
   
ボックス矢印 多文化ソーシャルワーク研修会のご案内
 
愛知県は全国でも2番目に外国人の多い県です。外国人留学生も多く、日常的に外国人と接する機会が多くなっています。そこで、社会福祉士をはじめ、福祉関係者、外国人相談担当者を対象に多文化ソーシャルワークの基本的な視点と、支援に必要な知識を学ぶことを目的として、昨年に引き続き研修会を開催します。

<日時>
2018年8月25日(土)10:30〜16:30(受付10:10〜)
<場所>
あいち国際プラザ(愛知県三の丸庁舎内)2階 アイリスルーム
<参加費>
会員:3,000円 一般:5,000円
<定員>
50名(先着順)

詳細はこちら→開催案内・申込書(PDF)
   
ボックス矢印 介護支援専門員 質の向上研修
今、ケアマネジャーに求められる入退院に必要な情報とは何か?
〜診療報酬・介護報酬ダブル改訂にみる医療連携のあり方〜
 
<日時>
2018年9月2日(日)13:30〜16:30(受付13:15〜)
<会場>
名古屋市総合社会福祉会館 研修室
(名古屋市北区清水4丁目17-1)※当日駐車場は使用できません
<定員>
80名
<研修内容(予定)>
・2018年4月診療報酬改定のポイント
・病床機能分化と役割について
・病院側の連携加算
・介護側の連携加算
・病院が求める情報とは
講師:黒木 信之 氏
(一般社団法人名古屋市医師会 地域包括ケア推進課スーパーバイザー 医療福祉士専門官)
<受講料>
一般:2,000円  社会福祉士会員:1,000円
<申込締切>
8月27日(月)

詳細はこちら→開催要項・申込書(PDF)
   
ボックス矢印 成年後見人材育成研修(委託研修)の聴講のご案内
 
すでに養成研修や人材育成研修を受けられた方を対象に、再度、成年後見制度への理解を深めていただき、ぱあとなあ登録・受任の一助としていただきたく研修科目ごとの聴講制度を用意しました。

<日程>
2018年9月8日(土)、10月6日(土)、11月3日(土)
<対象>
ぱあとなあ登録者および養成研修修了者
<受講費>
ぱあとなあ登録者1,000円(1科目)、養成研修修了者2,000円(1科目)
<聴講人数>
10名
<申込期間>
各研修日の1週間前まで

詳細はこちら→開催要項・申込書(PDF)
   
ボックス矢印 2018年度社会福祉士実習指導者講習会のご案内
 
「社会福祉士及び介護福祉士法」の改正により、社会福祉士養成カリキュラムが改訂され、相談援助実習を行う実習指導者の要件として、実習指導者を養成するための講習会の受講が義務付けられ2012年4月から完全施行されました。下記の日程で、2018年度社会福祉士実習指導者講習会を開催しますのでご案内します。本講習会は実習指導者の要件を満たす講習会として厚生労働省に届出られたものです。

<日時>
2018年11月24日(土)〜11月25日(日)
<会場>
日本福祉大学 東海キャンパス   
   (愛知県東海市大田町川南新田229番地)名鉄太田川駅から徒歩5分
<定員>
100名
<受講対象者・資格>
社会福祉士であること。
<内容>
2日間の集合研修
<受講費>(テキスト代は含みません)
会員10,000円、非会員15,000円 ※入会手続き中の場合は会員扱いとなります。
<申込受付期間>
7月9日(月)〜8月24日(金)必着
※申込受付期間外のお申込は受け付けられませんのでご注意下さい。
<申込方法>
所定の受講申込書に必要事項をご記入の上、郵送またはFAXにてお申込ください。

詳しくはこちら→開催要項(PDF)申込書(PDF)
基礎研修受講者の皆さまへ
【 2018年度基礎研修のご案内 】
ボックス矢印 2018年度 基礎研修Iのご案内
2012年度から、日本社会福祉士会 新生涯研修制度がスタートしています。
愛知県社会福祉士会では、今年度も、日本社会福祉士会 新生涯研修制度に基づく基礎課程の第一歩である「基礎研修T」を開催します。
「基礎研修T」は、社会福祉士であれば、どなたでも受講できますが、所属する都道府県社会福祉士会での受講が原則です。
なお、この研修は、認定社会福祉士制度と連動しています。

<研修プログラムおよび開催日程>
(1)事前課題I 8月上旬〜9月21日(金)必着
(2)集合研修I 10月14日(日)9:45〜17:15予定
(3)事前課題II 集合研修T終了後〜2019年1月16日(水)必着
(4)集合研修II 2019年2月10日(日)9:30〜17:10予定
<申込受付期間>
2018年5月7日(月)〜 7月20日(金)必着(郵送またはFAXで)

詳しくはこちら→募集要項・申込書(PDF)延長届(Word)
   
ボックス矢印 基礎研修U

PDF 基礎研修II 募集要項

PDF 会場一覧←会場の一部が変更になっています(6/10最新版)

◆地域開発・政策系科目I「社会資源の理解と社会資源開発」事前課題

word 課題要項

word レポート用紙1 word レポート用紙2
 
 
   
ボックス矢印 基礎研修V

PDF 基礎研修V 募集要項

PDF 会場一覧←会場の一部が変更になっています(6/10最新版)

◆地域開発・政策系科目T「地域における福祉活動」(中間課題)

PDF 中間課題 word ヒアリングシート word 企画シート

◆ソーシャルワーク理論系科目T 実践事例演習U(修了レポート)

word 修了レポート

◆権利擁護・法学系科目T(意思決定の支援)

word 事前課題 word 原稿

◆実践評価・実践研究系科目T(中間課題)

word フェースシート word 事例の経過記録