愛知県民のみなさまへ 愛知県民のみなさまへ
矢印 愛知県民のみなさまへ
矢印 福祉・介護サービス情報調査センター
矢印 愛知ぱあとなあセンター
矢印 生活支援相談ほっとセンター
社会福祉専門職や関係者の皆様へ
矢印 研修会、講演会、催事のご案内
矢印 基礎研修
矢印 成年後見人材育成研修の皆さまへ
会員の皆様へ
矢印 委員会からのお知らせ
矢印 支部活動のお知らせ
社会福祉会の入会案内について
矢印 正会員入会案内
矢印 入会手続き
社会福祉を目指す皆様へ
矢印 社会福祉士を目指すみなさまへ
矢印 社会福祉士になるみちすじ
愛知県社会福祉士会の概要
矢印 愛知県社会福祉士会の概要
矢印 活動の概要
矢印 倫理網領
事務局だより
矢印 事務連絡
矢印 事務手続き
矢印 会長の小部屋
矢印 事務局アクセス
リンク集
社会福祉専門職や関係者の皆様へ
一般社団法人愛知県社会福祉士会は、福祉や介護で活躍されている専門職の方々や関係領域の専門職の方々に情報などを提供するために、研修会をはじめ、情報提供を行っています。
研修会、講習会、催事のご案内
ボックス矢印 成年後見人材育成研修(委託研修)の聴講のご案内
 
すでに養成研修や人材育成研修を受けられた方を対象に、再度、成年後見制度への理解を深めていただき、ぱあとなあ登録・受任の一助としていただきたく研修科目ごとの聴講制度を用意しました。

<日程>
2018年9月8日(土)、10月6日(土)、11月3日(土)
<対象>
ぱあとなあ登録者および養成研修修了者
<受講費>
ぱあとなあ登録者1,000円(1科目)、養成研修修了者2,000円(1科目)
<聴講人数>
10名
<申込期間>
各研修日の1週間前まで

詳細はこちら→開催要項・申込書(PDF)
   
ボックス矢印 「市町村・福祉関係者のための成年後見講座パート15」のご案内
 
今年も愛知県弁護士会と愛知県社会福祉士会の共催で、午前の部は、成年後見制度の基本知識のポイント解説と家庭裁判所書記官の講義を行い、午後の部は、虐待案件の市町村長申立てに関する基調講演とパネルディスカッションを行います。

<日時>
2018年10月16日(火)
午前の部 9:45〜12:00(受付開始9:20)
午後の部 13:00〜16:00(受付開始12:50)
<場所>
ウィルあいち(愛知県女性総合センター)3階大会議室
<対象>
市町村、地域包括支援センター、社会福祉協議会、障害者相談支援機関の職員、その他福祉関係者等
<参加費(資料代を含む)>
3,000円(午前・午後いずれかの受講でも同額です)
※当日、受付にて現金でお支払いください
<定員>
午前・午後各250名(午前・午後を通して受講可能です)

詳しくはこちら→開催要項・申込書(PDF)
   
ボックス矢印 第1回地域共生社会推進全国サミットinながくて
〜地域共生社会って?まざって暮らす わずらわしいまちづくり〜
 
地域包括ケアシステムの理念が誕生してから10年。2018年4月「地域共生社会」の実現に向けた取り組みが本格的にスタートしました。これまで、制度・分野で充実が図られてきた「福祉」には、新たな展開が求められています。制度を運用する市町村や社会福祉法人といった「福祉の専門家」達は、どのように市民に語りかけていけば良いのでしょうか?「地域共生社会」って?理解はできるが、上手く進まないのは、なぜだろう?こんなことを、みんなで議論していければと思います。

<日時>
2018年10月18日(木)・19日(金)
<会場>
愛知県立大学及び愛・地球博記念公園
<お問合せ>
愛知県長久手市役所福祉施策課
https://www.city.nagakute.lg.jp/fukushi/summit/toppage.html
   
ボックス矢印 高齢者問題・専門職ネットワーク勉強会のご案内
 
厚生労働省から毎年発表される虐待判断件数は増加傾向にあります。そのような状況もふまえ、名古屋市高齢者・障害者虐待相談センターの弘田様、岩下様から名古屋市の高齢者・障害者虐待の現状と通報受理後の対応について報告して頂けることになりました。
会員のみ、ご参加いただけます。参加費は無料、お申し込みは不要です。

<日時>
2018年10月20日(土)13:00〜15:00
<テーマ・発表者>
「養護者及び福祉施設等従事者等からの虐待の現状と防止について」
<発表者>
名古屋市高齢者・障害者虐待相談センター 弘田直紀様 岩下有里様
<場所>
愛知県司法書士会館
名古屋市熱田区新尾頭1-12-3(金山総合駅南口徒歩5分)

http://www.ai-shiho.or.jp/organization/outline/
   
ボックス矢印 2018年度社会福祉士国家試験に備える全国統一模擬試験・対策講座実施のご案内
 
本模擬試験は、社会福祉士国家試験に向けて、自己学習の成果を確認し、効果的に学習を進めるための一助となることを目的としています。また併せて先輩社会福祉士から国家試験に向け、学習の進め方等試験対策について講義を行います。
本試験のような雰囲気の中で、時間配分やマークシートへの記載等、本試験と同じ体験ができ、全国の中での自分の位置や、弱点科目の把握に役立てるデータが送付されますので、資格取得に向け学習している方にとって、最適な対策講座です。

<主催>
一般社団法人 岐阜県社会福祉士会
<日時>
2018年11月10日(土)10:00〜16:15(受付9:30〜)
<場所>
中部学院大学 関キャンパス 10401教室(〒501-3993 岐阜県関市桐ヶ丘二丁目1番地)
<対象者>
・「平成30年度社会福祉士国家試験」を受験しようとする方
・社会福祉士国家試験を将来受験しようと学習している方
<受講料>
5,500円(自宅受験者も同様)

詳しくはこちら→実施要綱・申込書(PDF)
   
ボックス矢印 2018年度 第2回(第48回)ピアスーパービジョンによる事例検討会のご案内
 
<日時>
2018年11月25日(日)13:30〜16:30
<会場>
日本福祉大学 名古屋キャンパス
<事例提供者>
らんぷ社会福祉士事務所 鎌田正慶さん
<事例テーマ>
自宅で最後まで生活したいと希望する身寄りのない認知症高齢者への意思決定支援
<助言者>
日本福祉大学教授 木全和己氏(当会会員)
<参加費>
1,000円 (非会員の社会福祉士2,000円)
<申込方法>
本会事務局まで、FAX・郵送・メールのいずれかでお申し込み下さい。
お名前・会員番号・連絡先(日中の連絡先、メールアドレス等)・所属をご記入下さい。
メールの場合は、件名を「ピアスーパービジョン事例検討会の参加申し込み」としてください。

※従来、第2回目は障害分野での事例を検討してきましたが、今回は高齢者の事例を検討します。意思決定支援については、障害分野にも共通する課題があり、また1事例に半日かけて、事例をひも解き、検討する過程は、どの分野の方にも参考になる内容です。
   
ボックス矢印 「相談援助実習指導者養成研修フォローアップ研修会」
〜実習指導のこれからについて考える〜のご案内
 
今回の研修は、現在の相談援助実習を取り巻く制度的環境に関する情報交換や、実習指導者同士のネットワーク作り、情報交流の場として位置づけています。これから実習担当になる方、または学習したいという方もぜひご参加ください。

<日時>
2018年11月25日(日)14:00〜17:00
<会場>
日本福祉大学東海キャンパス
(愛知県東海市大田町川南新田229番地 ※教室は当日掲示いたします)
<対象>
現に相談援助実習を担当している人、もしくは担当する予定のある人
<定員>
30名
<内容>
実習担当者による意見交換、情報交流(予定)
<参加費>
会員1,000円、非会員1,500円(当日受付にてお支払いください)
<締切>
2018年11月9日(金)

詳しくはこちら→開催要項・申込書(PDF)
   
ボックス矢印 介護・福祉サービス情報調査センター
第三者評価者養成研修受講者募集のご案内
 
この度、福祉・介護サービス情報調査センターでは、第三者評価調査者養成研修の受講者を募集します。保育(児童)、障害者支援分野、高齢者支援分野といろんな分野の経験者の方に調査者になっていただき、事業運営をお手伝いいただきたいと思っております。(受講対象者:組織運営管理業務または、福祉、医療、保健分野の当該業務を3年以上経験している者)

<日時>
第1日目 2018年11月9日(金)9:00〜16:30 集合研修
第2日目 2018年11月10日(土)9:00〜17:00 集合研修
第3日目 2018年11月11日(日)9:00〜17:00 集合研修
第4日目 2018年11月12日(月)〜12月7日(金)の間(推進センターが指定する1日、県内施設実習)
第5日目 2018年12月8日(土)9:00〜17:00 集合研修
<集合研修会場>
愛知県社会福祉会館 (名古屋市東区白壁)
<受講料>
20,000円
<申込方法>
メールまたはFAXで愛知県社会福祉士会事務局に件名を「第三者評価調査者養成研修受講希望」とし、会員番号・氏名・連絡先電話番号をお知らせください。後日正式な申込書をお送りします。
<締切>
2018年9月21日(金)必着

詳しくはこちら→プログラム(PDF)
基礎研修受講者の皆さまへ
【 2018年度基礎研修のご案内 】
ボックス矢印 2018年度 基礎研修Iのご案内
2012年度から、日本社会福祉士会 新生涯研修制度がスタートしています。
愛知県社会福祉士会では、今年度も、日本社会福祉士会 新生涯研修制度に基づく基礎課程の第一歩である「基礎研修T」を開催します。
「基礎研修T」は、社会福祉士であれば、どなたでも受講できますが、所属する都道府県社会福祉士会での受講が原則です。
なお、この研修は、認定社会福祉士制度と連動しています。

<研修プログラムおよび開催日程>
(1)事前課題I 8月上旬〜9月21日(金)必着
(2)集合研修I 10月14日(日)9:45〜17:15予定
(3)事前課題II 集合研修T終了後〜2019年1月16日(水)必着
(4)集合研修II 2019年2月10日(日)9:30〜17:10予定
<申込受付期間>
2018年5月7日(月)〜 7月20日(金)必着(郵送またはFAXで)

詳しくはこちら→募集要項・申込書(PDF)延長届(Word)

集合研修Tの会場はこちら→日本福祉大学 東海キャンパス
   
ボックス矢印 基礎研修U

PDF 基礎研修II 募集要項

PDF 会場一覧←会場の一部が変更になっています(6/10最新版)

◆地域開発・政策系科目I「社会資源の理解と社会資源開発」事前課題

word 課題要項

word レポート用紙1 word レポート用紙2
 
 
   
ボックス矢印 基礎研修V

PDF 基礎研修V 募集要項

PDF 会場一覧←会場の一部が変更になっています(6/10最新版)

◆地域開発・政策系科目T「地域における福祉活動」(中間課題)

PDF 中間課題 word ヒアリングシート word 企画シート

◆ソーシャルワーク理論系科目T 実践事例演習U(修了レポート)

word 修了レポート

◆権利擁護・法学系科目T「意思決定の支援」(修了レポート)

word 修了レポート
 
 
成年後見人材育成研修の皆さまへ
PDF 開催要項
   
ボックス矢印 課題様式

PDF 事前課題T(課目1)レポート提出票

word 事前課題U(課目4)レポート提出票

word 原稿用紙

word 事前課題V(課目8) レポート提出票

word 回答用紙