愛知県民のみなさまへ 愛知県民のみなさまへ
矢印 愛知県民のみなさまへ
矢印 福祉・介護サービス情報調査センター
矢印 愛知ぱあとなあセンター
矢印 生活支援相談ほっとセンター
社会福祉専門職や関係者の皆様へ
矢印 研修会、講演会、催事のご案内
矢印 基礎研修受講者の皆さまへ
矢印 スクールソーシャルワーカー育成研修
受講者の皆さまへ
矢印 成年後見人材育成研修受講者の皆さまへ
会員の皆様へ
矢印 委員会からのお知らせ
矢印 支部活動のお知らせ
社会福祉会の入会案内について
矢印 正会員入会案内
矢印 入会手続き
社会福祉を目指す皆様へ
矢印 社会福祉士を目指すみなさまへ
矢印 社会福祉士になるみちすじ
愛知県社会福祉士会の概要
矢印 愛知県社会福祉士会の概要
矢印 活動の概要
矢印 倫理網領
事務局だより
矢印 事務連絡
矢印 事務手続き
矢印 会長の小部屋
矢印 事務局アクセス
リンク集
社会福祉専門職や関係者の皆様へ
一般社団法人愛知県社会福祉士会は、福祉や介護で活躍されている専門職の方々や関係領域の専門職の方々に情報などを提供するために、研修会をはじめ、情報提供を行っています。
研修会、講習会、催事のご案内
ボックス矢印 「ソーシャルワーカーデー2017 in あいち」のご案内
 
社会福祉系学生と現役ショーシャルワーカーが夢や想いを語ると共に、ソーシャルワークを取り巻く現在の問題についてシンポジウムを行って、次代や現在を担うソーシャルワーカーの育成を図ります。 参加費無料。事前申し込みも不要です。

<日時>
2017年7月2日(日)13:00〜17:30(受付12:00〜)
<会場>
同朋大学 成徳館12階ホール
(地下鉄東山線中村公園駅下車し、市バス稲西車庫行き「鴨付町」下車)

詳しくはこちら→開催要項(PDF)
   
ボックス矢印 スキルアップ研修 〜罪に問われた障がい者支援を考える〜のご案内
 
近年、罪に問われた障がい者に対する刑事司法のあり方に対する意識は高まりをみせ、司法・福祉の各分野において、社会復帰と地域生活を支えるための様々な取り組みが進みつつあります。
この研修は、罪に問われた障がい者に対するよりよい支援のあり方について、弁護士と福祉関係者の方がともに考えるため企画です。日頃から罪に問われた障がい者支援に積極的に取り組まれている方はもちろんのこと、これまで支援に携わった経験の少ない方のご参加も歓迎します。

<日時>
2017年7月11日(火)13:00〜16:00
<会場>
愛知県弁護士会館 5階ホール
(名古屋市中区三の丸1-4-2)
<参加費>
無料

詳しくはこちら→開催要項・申込書(PDF)
※お問い合わせは、愛知県弁護士会(TEL:052-203-1651)へお願いします。
   
ボックス矢印 第1回ピアスーパービジョンによる事例検討会のご案内
 
「いま悩んでいる事例」あるいは「支援を振り返りたい事例」について、様々な分野の社会福祉士で、具体的かつ前向きに検討する勉強会です。今年度は、7月16日(日)高齢者分野、11月19日(日)障害者分野、2018年2月25日(日)児童分野の事例検討を予定していますが、その他の分野の事例も大歓迎です。皆様のご参加をお待ちしております。

<日時>
2017年7月16日(日)13:30〜16:30
<会場>
日本福祉大学 名古屋キャンパス北館
<講師>
木全和己氏(当会会員、日本福祉大学教授)
<事例>
高齢者分野の事例(事例とファシリテーターを募集中です)
<定員>
20名(定員になり次第、締め切ります)
<参加費>
1,000円(非会員の社会福祉士は2,000円)
<申込方法>
本会事務局まで、FAX・郵送・メールのいずれかでお申し込み下さい。
お名前・会員番号・連絡先(日中の連絡先、メールアドレス等)・所属をご記入下さい。メールの場合は、件名を「研修会参加申し込み」として下さい。事例提供・ファシリテーター希望の方は、その旨も合わせてお知らせ下さい。
   
ボックス矢印 福祉関係者のための成年後見活用講座のご案内
 
「成年後見制度」の利用の促進をこれからどのように推進し、活用して行くのか。「支援者」として「権利擁護」について「意思決定支援」についてどう考えるか。一緒に考えませんか?
手話通訳あります。福祉関係者の皆さまの参加をお待ちしています。主任介護支援専門員更新研修受講要件“職能団体等の法定外研修等”の修了証を発行します。

<日時>
2017年7月22日(土)13:30〜16:30(受付開始13:00)
<会場>
伏見ライフプラザ 鯱城ホール
(名古屋市中区栄1-23-13)地下鉄東山線「伏見」駅6番出口から徒歩5分
<内容>
*第1部
成年後見制度の基礎知識〜成年後見制度の利用の促進に関する法律施行をふまえて〜
講師:松隈知栄子氏(弁護士)
*第2部
「権利擁護」を支える価値と信念〜あなたはどのような支援者を目指すのか?〜
講師:川村隆彦氏(神奈川県立保健福祉大学准教授)
*第3部 質疑応答
<参加費>
会員1,500円(ぱあとなあ登録者1,000円)、一般2,000円(学生1,000円)

詳しくはこちら→開催要項・申込書(PDF)案内記事(PDF)
   
ボックス矢印 2017年度 基礎研修Iのご案内
 
日本社会福祉士会 新生涯研修制度に基づく基礎課程の第一歩である「基礎研修I」を開催します。
「基礎研修I」は、社会福祉士であれば、どなたでも受講できますが、所属する都道府県社会福祉士会での受講が、原則です。特に、新しく入会された方/2012年度以降に入会し、まだ基礎研修を受講されていない方/2011年度以前に入会し、認定社会福祉士特別研修の受給要件を満たしていない方は、ぜひ受講してください。
なお、この研修は、認定社会福祉士制度と連動しています。

<研修プログラムおよび開催日程>
(1)事前課題I 8月はじめ〜9月22日(金)必着
(2)集合研修I 10月8日(日)9:45〜17:15予定
(3)事前課題II 12月10日(日)〜2018年1月19日(金)必着
(4)集合研修II 2018年2月11日(日)9:45〜17:20予定
<申込受付期間>
2017年5月8日(月)〜 7月21日(金)必着(郵送またはFAXで)

詳しくはこちら→募集要項・申込書(PDF)延長届(Word)
   
ボックス矢印 2017年度 基礎研修 単体受講のご案内
 
皆さんの自己研鑽を支援するため、基礎研修の講義について、テーマ単位での受講を受け入れます。
※テーマ単位の受講は、認定社会福祉士の修了単位としては認められませんので、ご注意ください。

<申込>
受講を希望する研修の1か月前までに、郵送またはFAXでお申し込みください。

詳しくはこちら→案内・申込書(PDF)
※参考:基礎研修II募集要項(PDF)基礎研修III募集要項(PDF)
   
基礎研修受講者の皆さまへ
ボックス矢印 2017年度 基礎研修II
PDF 研修会場一覧(PDF)   PDF 課題提出一覧(PDF)

【課題様式】
◆地域開発・政策系科目I「社会資源の理解と社会資源開発」事前課題
《8月6日提出期限の事前課題は3つあります》
・事前課題(1):地域特性についてのレポート(800字程度)WORD 原稿用紙
・事前課題(2)-1:地域の社会資源マップ(地域の社会資源を調査し、視覚化したもの)
 →A4サイズ1枚で作成。形式は自由。コピーを7部持参。
・事前課題(2)-2:考察レポート(800字程度)WORD 原稿用紙
 
 
ボックス矢印 2017年度 基礎研修III
PDF 研修会場一覧(PDF)   PDF 課題提出一覧(PDF)

【課題様式】
◆地域開発・政策系科目I「地域における福祉活動」中間課題
PDF ヒアリングシートPDF 企画シート

◆ソーシャルワーク理論系科目I「実践事例演習II 報告会」事前課題
PDF 記入シート
   
スクールソーシャルワーカー育成研修受講者の皆さまへ
PDF 開催要項
 
 
成年後見人材育成研修受講者の皆さまへ
PDF 開催要項