愛知県民のみなさまへ 愛知県民のみなさまへ
矢印 愛知県民のみなさまへ
矢印 福祉・介護サービス情報調査センター
矢印 愛知ぱあとなあセンター
矢印 生活支援相談ほっとセンター
社会福祉専門職や関係者の皆様へ
矢印 研修会、講演会、催事のご案内
矢印 基礎研修
会員の皆様へ
矢印 委員会からのお知らせ
矢印 支部活動のお知らせ
社会福祉会の入会案内について
矢印 正会員入会案内
矢印 入会手続き
社会福祉を目指す皆様へ
矢印 社会福祉士を目指すみなさまへ
矢印 社会福祉士になるみちすじ
愛知県社会福祉士会の概要
矢印 愛知県社会福祉士会の概要
矢印 活動の概要
矢印 倫理網領
事務局だより
矢印 事務連絡
矢印 事務手続き
矢印 会長の小部屋
矢印 事務局アクセス
リンク集
社会福祉専門職や関係者の皆様へ
一般社団法人愛知県社会福祉士会は、福祉や介護で活躍されている専門職の方々や関係領域の専門職の方々に情報などを提供するために、研修会をはじめ、情報提供を行っています。
研修会、講習会、催事のご案内
ボックス矢印 三河支部 学習会&交流会のお知らせ
 
<日時>
2018年6月2日(土)13:30〜
<場所>
カリオンビル 会議室(豊橋市松葉町2-63)
<内容>
・「東三河広域連合における介護保険事業」
講師:東三河広域連合 介護保険課長 加藤充洋氏
・各分野等からの報告及び意見交換
・交流会
てんとうむし(豊橋市駅前大通1-20)

詳しくはこちら→開催案内・申込書(PDF)
   
ボックス矢印 2018年度 スクールソーシャルワーカー養成講座開催のご案内
 
2012年度に開始したスクールソーシャルワーカー養成研修を、今年度も開催いたします。 多彩な講師によって、より実践的な内容で構成されています。
例年同様、たくさんの方のご参加をお待ちしています。

<日時>
2018年6月16日(土)9:30〜16:40
2018年7月21日(土)9:30〜16:40
2018年8月4日(土)9:30〜12:40
2018年9月8日(土)9:30〜16:40
2018年10月13日(土)9:30〜16:40
<会場>
日本福祉大学名古屋キャンパス
(名古屋市中区千代田5-22-35)JR・地下鉄鶴舞駅より徒歩3分
<申し込み>
6月1日(金)17:00まで
詳しくはこちら→開催要項・カリキュラム・申込書(PDF)
   
ボックス矢印 公開研修会「子どもの貧困と社会福祉士の役割:社会的養護の視点から」
 
子どもの貧困率は、過去最悪を記録した2012年(16.3%)から、2015年に12年ぶりに改善(13.9%)したものの、子どもの7人に1人は貧困状態にあります。また、日本は他の先進国と比較して、ひとり親世帯の貧困率が50.8%と顕著に高い状況もあります。こうしたなかで、子ども食堂や学習支援などの新しい取り組みも広がっていますが、その一方で貧困の見えにくさや、「自己責任論」も根強く存在しています。
そこで研修会では、こうした状況をふまえて、子どもの貧困と社会福祉士が果たす役割について学び、考える機会にしたいと思います。具体的には、先生の研究分野である「社会的養護」からみた子どもの貧困と生活文化の影響に加えて、児童養護施設等における小規模化・地域分散化の影響や、職員の働き方についてもふれていただく予定です。
この点については「地域生活支援」など、小規模化・少人数化している他の福祉職場においても、共通する課題ではないでしょうか。

<日時>
2018年6月17日(日)15:00〜16:30(受付14:30、定時社員総会終了後)
<会場>
日本福祉大学名古屋キャンパス 北館5階
(名古屋市中区千代田5-22-35)JR・地下鉄鶴舞駅より徒歩2分
<講師>
日本福祉大学 社会福祉学部 准教授 堀場純矢氏
<参加費>
無料
<定員>
60名(先着順、社会福祉士会会員以外の方でもご参加いただけます)
※研修会終了後、鶴舞駅近辺にて懇親会を行います。

詳しくはこちら→開催要項・申込書(PDF)
   
ボックス矢印 名古屋地方検察庁参観
 
罪を犯した人たちの中には、福祉的支援を必要としている高齢者や障がい者等が含まれており、社会復帰に向けた支援は、再犯防止のためにも重要であることから、法務省は、刑務所、少年院や更生保護施設等に、社会福祉士を配置するようになってきました。
愛知県社会福祉士会では、仲間が働くこうした司法分野の職場の正しい理解と、犯罪に関わった人たちの社会復帰に向けた支援等について考えていくため、毎年関係施設の見学研修を継続しています。今年度は名古屋地方検察庁の見学研修を企画しました。
福祉的支援を必要としているこうした人たちに、私たちには何ができるのかを考えていきたいと思いますので、是非ご参加ください。

<日時> 2018年7月4日(水)・7月6日(金)
両日とも13:30〜15:30終了予定 ※集合時間は13:15です。
<場所>
名古屋地方検察庁(名古屋市中区三の丸4-3-1)
<集合>
13:15 名古屋法務合同庁舎(地検)玄関前付近
地下鉄「市役所」駅下車 @番出口徒歩5分 (名古屋医療センターの東隣) 
  全員が揃って会場に入りますので、時間厳守でお願いします。
<定員・対象>
各回30名(先着順、定員になり次第締め切ります)
※会員のみ参加可

詳しくはこちら→開催要項・申込書(PDF)
   
ボックス矢印 2018年度 第1回(第47回)
ピアスーパービジョンによる事例検討会のご案内
 
「いま悩んでいる事例」あるいは「支援を振り返りたい事例」について、様々な分野の社会福祉士で、具体的かつ前向きに検討する勉強会です。

<日時>
2018年7月22日(日)13:30〜16:30
<会場>
イーブルなごや 中会議室
<事例提供者>
知多地域の居宅介護支援事業所ケアマネジャー
<事例テーマ>
「徐々に家事が難しくなっている認知症の妻と、どうしても妻の認知症を認めたくない夫。夫の葛藤と、これから」
<助言者>
木全和己氏(当会会員、日本福祉大学教授)
<定員>
20名(定員になり次第、締め切ります)
<参加費>
1,000円(非会員の社会福祉士は2,000円)
<申込方法>
本会事務局まで、FAX・郵送・メールのいずれかでお申し込み下さい。
お名前・会員番号・連絡先(日中の連絡先、メールアドレス等)・所属をご記入下さい。
メールの場合は、件名を「研修会参加申し込み」として下さい。

★なお、今年度第2回は、11月25日(日)に障害分野、第3回は、2019年2月24日(日)に児童分野の事例で、検討会を行う予定です。
   
ボックス矢印 成年後見人材育成研修(委託研修)のご案内
 
この研修は、(1)専門職後見人としての社会福祉士が身につけるべき知識・技術を修得し、成年後見人としての一定の力量を確保すること、(2)地域で相談援助にあたる方が、成年後見制度活用の知識・技術を修得することを目的として実施する研修です。
日本社会福祉士会からの委託により、愛知県・岐阜県・三重県・静岡県の社会福祉士会会員に向けて実施します。
受講対象は、ぱあとなあ成年後見人等候補者名簿登録を目指す方や、社会福祉士として地域で相談援助を行っている方で、なおかつ受講要件を満たしている方です。

<日時>
1日目 2018年9月8日(土)9:30〜17:40
2日目 2018年10月6日(土)9:45〜17:15
3日目 2018年11月3日(土)9:45〜17:15
4日目 2018年12月1日(土)9:45〜16:15
<会場>
1日目 名古屋市総合社会福祉会館
(名古屋市北区清水4-17-1)
2、4日目 日本福祉大学中央福祉専門学校
(愛知県名古屋市中区千代田3-27-11)
3日目 ウィルあいち
(愛知県名古屋市東区上堅杉町1)
<受講費>
50,000円
<申込期間>
2018年5月14日(月)〜6月7日(木)郵便は消印有効、FAXは必着
<申込先・申込に関する問合せ先>
所属する各県社会福祉士会

詳しくはこちら→開催要項・カリキュラム・申込書(PDF)
基礎研修受講者の皆さまへ
【 2018年度基礎研修のご案内 】
ボックス矢印 2018年度 基礎研修Iのご案内
2012年度から、日本社会福祉士会 新生涯研修制度がスタートしています。
愛知県社会福祉士会では、今年度も、日本社会福祉士会 新生涯研修制度に基づく基礎課程の第一歩である「基礎研修T」を開催します。
「基礎研修T」は、社会福祉士であれば、どなたでも受講できますが、所属する都道府県社会福祉士会での受講が原則です。
なお、この研修は、認定社会福祉士制度と連動しています。

<研修プログラムおよび開催日程>
(1)事前課題I 8月上旬〜9月21日(金)必着
(2)集合研修I 10月14日(日)9:45〜17:15予定
(3)事前課題II 集合研修T終了後〜2019年1月16日(水)必着
(4)集合研修II 2019年2月10日(日)9:30〜17:10予定
<申込受付期間>
2018年5月7日(月)〜 7月20日(金)必着(郵送またはFAXで)

詳しくはこちら→募集要項・申込書(PDF)
   
ボックス矢印 基礎研修U

PDF 基礎研修II 募集要項

◆地域開発・政策系科目I「社会資源の理解と社会資源開発」事前課題

word 課題要項

word レポート用紙1 word レポート用紙2
 
 
   
ボックス矢印 基礎研修V

PDF 基礎研修V募集要項